低用量ピルを服用することで、身体のホルモンバランスをコントロールすることができます。低用量ピルの効果などについて知らない方は当サイトをご覧になり、低用量ピルにつち\いて理解しましょう。

  • ホーム
  • 過多月経に効果の低用量ピル、ステロイドの併用に注意

過多月経に効果の低用量ピル、ステロイドの併用に注意

低用量ピルには、避妊効果の高さだけではなく、多くの副効能があります。
たとえば生理に関してだけでも、生理不順の改善、生理痛の軽減、過多月経の改善などの効果があります。
低用量ピルは、21日間飲み続けて7日間薬を休みますが、この期間に生理が起こります。
低用量ピルの服用を続ける間は、生理が規則的になるということです。
生理中には、子宮を収縮させて子宮内膜を経血として排出する作用のあるプロスタグランジンが子宮内膜から分泌されます。
低用量ピルを服用すると、子宮内膜が厚くならないため、プロスタグランジンも少なくなり、生理痛が軽減します。
また、子宮内膜が経血になるため、過多月経も改善される仕組みです。
過多月経による貧血も改善します。
この他、にきびの改善効果もあります。
長期服用することで、卵巣がん、子宮体がん、大腸がんの発症を予防するという報告もあります。
このような効果がある低用量ピルですが、服用の際には注意することがあります。
市販の薬とは併用しても問題ありませんが、医療機関で処方してもらう薬の中には、薬物相互作用がある薬があります。
薬物相互作用とは、薬の作用を強めたり、弱めたりする作用です。
たとえば、テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質と低用量ピルを併用すると、ピルの避妊効果が低下する恐れがあります。
ステロイドや三環系抗うつ剤と併用すると、これらの薬の作用を増強する恐れがあります。
低用量ピルを服用中に、医療機関で薬を処方してもらう場合には、ピルを使用していることを伝えて、医師に相談してください。
ダイエット関連のサプリや健康食品に含まれるセント・ジョーンズ・ワートも、低用量ピルの効果を低下させるので、注意が必要です。