低用量ピルを服用することで、身体のホルモンバランスをコントロールすることができます。低用量ピルの効果などについて知らない方は当サイトをご覧になり、低用量ピルにつち\いて理解しましょう。

  • ホーム
  • 低用量ピルを通販で買う人が多い理由

低用量ピルを通販で買う人が多い理由

パソコンを使っている女性

日本で低用量ピルを購入しようと思っても、ドラッグストアや薬局では販売されていません。
それは医師の処方箋が必要な処方薬になっているためです。
日本国内で低用量ピルを購入しようと思うと、産婦人科などで診察を受けてから処方箋をかいてもらわなければ購入することができません。
診察のために病院に行く時間も必要となる上、低用量ピルは診察代も薬代も全額自費で負担しなければいけないのです。
日本の健康保険は国民が平等に最低限の医療を受けることが出来るという目的のために作られているもののため、怪我や病気といったものでなければ健康保険が利用できないのです。
低用量ピルの場合、子宮内膜症やそれに伴う月経困難症の場合には健康保険を利用して低用量ピルの購入が出来るのですが、避妊や生理不順の改善、ニキビや肌荒れの改善といった使用目的の場合には「その人が怪我や病気以外のために服用する薬」になってしまうので、健康保険が利用できません。
そのため1シート28日分の低用量ピルを処方してもらうのに、自由診療のため薬の種類や医療機関によって差がありますが3000円~5000円ほどの費用が掛かってしまいます。
しかし通販で購入する場合、海外で販売されている低用量ピルを自分で使用するために個人輸入するという形になるため、医師の診察を受けて処方箋をかいてもらう必要がありません。
そのため診察代や調剤薬局で必要な調剤のための手数料も不要になるので日本で処方してもらうものと同じものが低価格で購入することが出来るのです。
病院に行く手間も省けるうえ価格が安く、商品は自宅まで届けてくれるというたくさんのメリットがあるため、低用量ピルを通販で購入する人が多いのです。

サイト内検索
人気記事一覧