低用量ピルを服用することで、身体のホルモンバランスをコントロールすることができます。低用量ピルの効果などについて知らない方は当サイトをご覧になり、低用量ピルにつち\いて理解しましょう。

  • ホーム
  • 低用量ピルで身体をコントロールする

低用量ピルで身体をコントロールする

笑顔の女性

低用量ピルは、正しい服用方法を守ることで高い避妊の効果を発揮することが出来ますが、服用することで手に入れられる効果はそれだけではありません。
月経前症候群である不安な気持ちやイライラ、頭痛や腹痛など諸症状の改善、定期的な生理周期、子宮の休息など、身体に嬉しい効果を期待することが出来ます。
脳が身体は妊娠したと勘違いさせるために、低用量ピルには妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されています。
黄体ホルモンは女性ホルモンの1つなので、生理周期によるホルモンバランスの変化に関係なく、安定的に女性ホルモンを摂取することが出来、ホルモンバランスも整いやすくなります。
また生理前になると女性ホルモンが急激に減少し、その影響で月経前症状郡が起こると考えられていますが、低用量ピルから安定的に女性ホルモンを摂取することで、月経前症候群の改善に期待することが出来ます。
また脳が身体は妊娠したと勘違いすることで排卵を止めるように子宮に指示を出すので、排卵という働きをさせず子宮を休めさせてあげられます。
子宮を休めることで子宮内膜症等の子宮の治療にも効果を期待することが出来ます。
他にも定期的な生理周期を手に入れることが出来れば低用量ピルの服用を止めた後にも生理周期を整えたままにしやすく、服用中止後でも良質な排卵にも期待出来ます。
低用量ピルは避妊の効果だけでなく、生活に支障を与えやすい月経前症候群の改善や、妊娠しやすい身体、また妊娠の為の身体づくりに効果が期待できる薬と言えます。
ホルモンの影響を受けやすい女性にとって、その症状を改善し、身体をコントロールしやすい状態にする可能性のある低用量ピルは、力強い味方だと言えるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧