低用量ピルを服用することで、身体のホルモンバランスをコントロールすることができます。低用量ピルの効果などについて知らない方は当サイトをご覧になり、低用量ピルにつち\いて理解しましょう。

  • ホーム
  • モノカルボン酸と低用量ピルによる太り過ぎ

モノカルボン酸と低用量ピルによる太り過ぎ

モノカルボン酸は不飽和脂肪酸などを含むもので代表的なものとしてはオレイン酸があります。
オレイン酸は動物性脂肪や植物油に含まれている脂肪酸で、不飽和脂肪酸とも呼ばれていて、動脈硬化などの予防に効果のある成分であるとされていますが、基本的には皮膚刺激性が少ない特性を利用してクリームやローションなどの化粧品の原料に用いられていて、様々な食用油から化粧品まで様々な用途に用いられています。
低用量ピルは安全性の高い薬ですが、女性ホルモンのバランスを変化させるので太りやすくなるので、食事制限や有酸素運動をしないと体重が急激に増える可能性があります。
低用量ピルは他のタイプのピルに比べると副作用が少ないのですが、血栓症や浮腫、太りやすさなどに関しては十分に対策をすることが必要で、食欲も増すことから何も対策をしないと気が付かないうちに体重が増えてしまいます。
低用量ピルは一般的には避妊のために用いられているのですが、子宮筋腫が大きくなるのを防ぐためにも処方されていて、女性の体に関する様々なトラブルに使用されています。
若い女性の場合にはニキビの改善のために処方されることがありますが、ピルによってホルモンバランスを整えることで、汗をかきにくくなるのでニキビが悪化しにくくなるので、ピルを服用するとニキビや吹き出物などの皮膚疾患に効果があるとされています。
またセックスレスなどに悩んでいる女性が低用量ピルによってホルモンバランスを整えると、冷え性などが改善されることで正常なセックスが出来るようになるので、性欲が全く無くなった場合などには婦人科などを受診してホルモン検査を受けて適切な治療をすることでセックスができるようになります。