低用量ピルを服用することで、身体のホルモンバランスをコントロールすることができます。低用量ピルの効果などについて知らない方は当サイトをご覧になり、低用量ピルにつち\いて理解しましょう。

News
多くのカプセル

低用量ピルの効果は女性ホルモンのバランスを整えることで、子宮筋腫の進行を抑制して、過月経などを予防するというものがありますが、主に避妊のために処方されていて、正しく服用することで90%以上の確率で妊娠を防ぎます。
低用量ピルは中用量ピルに比べると副作用が少ないというメリットがあるので、ほとんどの場合は低用量や超低用量のピルが処方されています。
低用量ピルは生理周期に合わせて服用しなければならないので、飲み忘れると避妊の効果が消失します。
24時間以内ならば2錠服用することで避妊効果を維持することができますが、それ以上の時間が経過すると最初から服用しなければならないので、2週間以上は避妊効果がない状態になります。
また低用量ピルを服用していると妊娠することが出来ませんが、妊娠を希望する場合は服用を中止すると妊娠できる状態になります。
低用量ピルは女性のホルモンバランスを妊娠している状態にするので、避妊だけでなく、子宮の病気を改善する効果があるので、様々な用途で用いられるようになっています。
この薬には血栓症のリスクがありますが、とくに35歳以上で喫煙をしている女性に関してはリスクが高いとされているので、薬を処方しない場合もあります。
血栓症は初期の段階で治療をすると重症化を防ぐことができるので、ふくらはぎの痛みや手足のしびれがあった場合には適切な治療を受けなければなりません。
血栓症以外の副作用としては、頭痛や腰痛などがありますが、低用量ピルの場合はこれらの副作用の症状は比較的軽いので、問題がある場合には他のピルに変更をして対処します。
飲み忘れには注意が必要で24時間以上経過すると不正出血などの症状が出る場合があります。